FC2ブログ

修理屋さんの修理メモ!

家庭用ゲーム機やipod、iPhoneなどの修理情報

PSP-3000 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PSP-3000修理】PSP-3000「ゲームを終了しますか?」が勝手に発生してしまう不具合の修理!

2013.10.14 (Mon)
~必要な道具~

プラスドライバー +00×75  ・・・PSP分解するに必要なサイズのドライバーです。
マイナスドライバー-2.5×75 ・・・こちらのサイズが使いやすいかと思います。
T2トルクス星型ドライバー・・・PSP-3000前期型の分解には必要なドライバーです。
静電気防止ピンセット  ・・・細かな作業に必要です。
エアーダスター・・・液晶の誇り飛ばしに役立ちます。
ソルダーアシスト ・・・封印シールを剥がす時など色々と使えます。
ダイヤル式温度制御はんだこて・・・こて先が交換できて温度調整が出来るタイプです。温度は300℃ぐらいで修理します。
こて先 3.2D型 T19D32 ・・・私の場合、殆どがこちらのこて先1本で修理します。
電子用フラックス ・・・はんだ付けには必ず必要です。
白巻はんだ 直径0.6mm ・・・ゲーム機の修理を行うには、こちらのサイズのはんだが一番良いかと思います。
ウィック(吸い取り線)・・・このサイズが一番使いやすいかと思います。
ソルダーアシスト ・・・封印シールを剥がす時など色々と使えます。
こて台 ・・・はんだこてが置けて、こて先も綺麗に出来ます。
はんだリール台・・・無くても大丈夫ですがあるととても便利です。
マスキングテープ ・・・はんだ付けの時にはんだが他の箇所に付かないようにします。


PSP-3000のゲームプレイ中に「ゲームを終了しますか?」と勝手に発生してしまう不具合の修理を行ないます。こちらの不具合の一番疑わしい箇所はディスク認識スイッチにあります。こちらのスイッチの内部をクリーニング、又は交換する事でこの不具合は改善されます。
まずは下記の写真のようにメイン基板を取り出します。メイン基板を取り出す方法につきましてはPSP-3000分解方法(前期型)PSP-3000の分解方法(後期型)又はこの記事の下記の動画をご参照下さい。

スナップショット_001

それでは作業に入ります。下記の赤丸部分がディスク認識スイッチになります。

スナップショット_002

まずはスイッチ右側のはんだ付け部分のスグ隣に小さなチップがありますので、こちらを外さないようにします。私の場合はマスキングテープを貼ってはんだがチップに付かないようにします。
下記の写真の赤丸4ヶ所を外します。

スナップショット_003

フラックスと追加はんだを付けて半田を溶けやすくします。

スナップショット_004
スナップショット_005

はんだこてソルダーアシストを使ってスイッチを浮かします。はんだこてを2箇所交互に当てて、少しずつ浮かします。

スナップショット_006

反対側も同じように作業します。

スナップショット_007

スイッチが外れましたら今度はスイッチを分解します。

スナップショット_008

ソルダーアシストをスイッチ後ろ側下部分からこねて外します。

スナップショット_009

写真がぼやけてしまって見難いですが中を見ると黒く汚れてしまっている部分があります。この汚れを綺麗にすることで「ゲームを終了しますか?」の誤作動を直すことが出来ます。

スナップショット_010

私の場合はソルダーアシストの尖った物を使って擦り、内部を綺麗にしますが、ソルダーアシストにはワイヤーブラシもセットになっていますので、そちらを使用しても良いかと思います。

スナップショット_011
スナップショット_012
スナップショット_013

内部を綺麗にしましたらスイッチを組み立てます。

スナップショット_014

スイッチをはんだ付けします。位置が大幅にズレたりしますとスイッチが入らない場合がありますので、元通り正確な位置に取り付けましょう。

スナップショット_015
スナップショット_016

はんだ付けが終わりましたらマスキングテープを剥します。

スナップショット_017

後は本体を組み立てて修理完了です。おつかれさまでした~!

スナップショット_018

動画で見たい方はこちら↓↓↓

スポンサーサイト
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。