FC2ブログ

修理屋さんの修理メモ!

家庭用ゲーム機やipod、iPhoneなどの修理情報

iPod Classic の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ipod Classic修理(後期)】ipod Classic(後期)分解方法!

2013.10.02 (Wed)
ipod Classicを分解します。

スナップショット_001

まずはiSesamoを使ってバックパネルと本体の間に滑り込ませます。

スナップショット_002

丈夫なヘラなどを使ってロックを解きます。

スナップショット_003

ipod Classicにはバックパネル側から9箇所のつめが出ており、このつめが本体側に引っ掛かっており止っております。こちら9箇所をヘラやiSesamoを使って爪を外してやると外れます。

スナップショット_0011
スナップショット_007

バックパネルを外してもコネクターはまだ繋がっております。コネクターを切らないように気をつけましょう。

スナップショット_008
スナップショット_009
スナップショット_010

ハードディスクを外します。

スナップショット_011

今度はネジ6箇所で止めてあります。下記の画像は3箇所赤丸を付けていますが、反対側も3箇所止まっています。

スナップショット_013

ネジを解くと表側の外装が外れます。

スナップショット_014

各箇所コネクターを外してクリックホイール、液晶画面などを外します。

スナップショット_015
スナップショット_016

フレームと基板はネジ2箇所で止まっていますのでこちらのネジを解きます。

スナップショット_017

基板は両面テープで止まっていますので後から慎重に押してやると外れます。

スナップショット_018

クリックホイールを外します。

スナップショット_019

次はバックパネル側の方を分解します。まずはバッテリーを外します。こちらは両面テープで固定されていますので、ゆっくりと剥します。

スナップショット_020

赤丸4箇所のネジを解いてヘッドホンジャックを外します。

スナップショット_021
スナップショット_022

こちらも両面テープで固定されていますのでゆっくりと剥します。

スナップショット_023

これで分解完了です。お疲れ様でした~!

スナップショット_024
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。