修理屋さんの修理メモ!

家庭用ゲーム機やipod、iPhoneなどの修理情報

ipod touch4 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ipod touch4修理】ホームボタンの修理

2013.08.29 (Thu)
~必要な道具~

精密ドライバー ・・・中を分解するのに必要です。
iSesamo ・・・ipodの分解には欠かせません。
ヒートガン ・・・両面テープを剥がしやすくする為に必要です。

~必要な部品~

ボタンケーブル
 ・・・黒の粒が無くなってしまったなどの時はケーブル自体を交換する必要が御座います。



ipod touch4のホームボタンが効かない不具合の修理を行ないます。ipod touch4は両面テープで本体と液晶画面を固定しておりますので、まずはヒートガンなどで本体を暖めて両面テープを剥しやすくします。

※ヒートガンで暖める際、バッテリーは全て使い切った状態で行ないましょう。バッテリー残量が残っている状態でヒートガンで暖めるのは大変危険です。

スナップショット_017

iSesamoなどを使ってフレームべゼルとガラスパネルの間に滑り込まします。iSesamoは薄くて丈夫な工具ですので私も重宝しております。iSesamoアマゾンで手に入ります。

スナップショット_018
スナップショット_019

少しずつ両面テープを剥していきます。

スナップショット_020
スナップショット_021
スナップショット_022

コネクターはまだ繋がっていますので慎重に作業を行ないます。

スナップショット_023

赤丸が今回の不具合の原因です。通常はここの部分に黒色の粒が付いていますが外れてしまっています。ボタンが押せなくなってしまう原因は大体この黒色の粒が取れてしまう事が原因です。

青丸は今から解くネジになります。

スナップショット_024

ネジを解き金具を外しますが、こちらも各箇所両面テープで固定されています。両面テープを剥しながら外していきますが、赤丸部分の基板をしっかりと指で押さえながら剥します。ここは押さえていないと、中のケーブルが切れてしまいます。

スナップショット_025

通常はホームボタンケーブルを交換すれば直りますが、今回は金具付きの同じ物を持っておりましたので、金具ごと交換します。左側が正常なホームボタンケーブルです。真ん中に黒色の粒が付いています。

スナップショット_026

ホームボタンケーブルを交換したら組み立てて修理完了です。

スナップショット_027

液晶画面のケーブルを忘れずに繋ぎましょう。

スナップショット_028

修理完了!お疲れ様でした~!

スナップショット_029

動画で見たい方はこちら↓↓↓



工具や部品はアマゾンで手に入ります。



ランキングに参加しております。お役に立てましたらポチっとお願いいたします。
↓↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム分解・改造へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。